2017年5月14日日曜日

何を描いてるの? その21

最近クラフトワークかぶれしている絵をチェック・ワン・ツー!!

●クラフトワークかぶれの絵



アウトバーン、ショールーム・ダミー、鏡のホール、ラジオ・アクティビティ、など、クラフトワークの曲名からインスパイア(というかパクった)絵です。

他にもエレクトリック・ルーレット、パイナプル交響曲、そして個人的に謎なタイトルがエレクトリック・カフェ。

エレクトリック・カフェってなんなんですかね、電気仕掛けの喫茶店?それとも電気で合成されたコーヒーを提供してくれる(不味そう!!)喫茶店?

はたまたはロボットやコンピューターが息抜きで行く喫茶店なのでしょうか??

考えれば考えるほど謎なタイトルです。


●クラフトワークかぶれの絵 その2



クラフトワークの放射能やアウトバーンのマーク、ライブ映像などに使われている平面的なビジュアルイメージがカッコイイなと思って描いた絵です。

アルバムによって明確なビジュアルイメージがありますよね。また、ライブでも巨大なスクリーンにビジュアルイメージがバーーーンと映し出されるのがとてもカッコイイなと思います。




●「衝突」という小説からインスパイアされた絵



これはJ・G・バラードの小説に「衝突」という作品があって、この前読んだんですが、車の衝突事故に性的興奮してしまう男の話で、めちゃくちゃド変態な内容なのですが、でもなんか人間の想像力ってすごいなって思った訳ですよ。

ノーマルとかアブノーマルとはをひとまず横に置いといて、人間ってどこまで想像する事が可能なのだろうか?

だから最近は自分の想像をはるかに超えた事が世の中に起こっていると思うようにしています。そうすればビックリしないから、、。

ちなみに小説「衝突」は2回くらい読みましたが、車のパーツ名とかが頻繁に出てくるので結構解りにくい本でした、、。


●見たいという欲求の絵



これも上の絵と少し似た所がありますが、人間って想像した事を「見たい」と思う欲求があるなと、、、

だから絵画があって神話やらポルノグラフィーやらがあって、映画があって、ゾンビやらモンスターやら宇宙旅行やらがあって、ヴァーチャルリアリティにも憧れがあって、それらは人間の想像した物を「見てみたい」という根本的な欲求があるのかなと、、思った訳です。


●ゴチャゴチャ感だいすきという絵



スーパーリアリズムの作家、ドン・エディのゴチャゴチャ感というかキラキラ感がなんかいいなと思って描いてみた絵です。

おもちゃの絵がポップでいいなと思います。



グラスを描いた絵があるのですが、、、



もはや何を描いているのか訳が分からない、、、。

リアリズムの絵は単純に絵が上手いというよりも、リアルに描くことで何だか滑稽に見てしまう、そいう感覚が好きです。


●同化せよ!という絵です。



スタートレックに、ボーグというサイボーグ宇宙人?みたなのがいて、このボーグはいろいろな宇宙人を強制的にサイボーグ化(同化)して奴隷のようにしてしまうので、どの宇宙人も大嫌い!というキャラクターなのですが、このボーグ、組織的に人を動かすんですよね。無駄な事が嫌いで、情報も全て共有化していて合理的、計画的に作業を進めないとならない!!みたいな、まぁ巨大企業みたい存在なのですが、よくよく考えるとちょっと不思議です。



目的としては「究極の生命体」を目指して日々宇宙人をサイボーグ化してるのですが、究極の生命体になったらその後どうするのだろう?とか、そもそも究極の生命体ってかなり抽象的で曖昧ですよね。

巨大企業なら安定した収入とか出世とかあるので、100歩譲ってまだ分かるのですが、ボーグになったら収入もないし快楽もなし、そもそも究極の生命体になれるかどうかも分からない(というか多分なれない)のに、その為に日々効率的に作業しなければならないなんて、何て不条理なんだろう、、、なんて考えてしまいます。

なので結果的に他の宇宙人同様やっぱりボーグになったら嫌だなと思う訳です。

でも、もしかしたら私はボーグになりたい!!という宇宙人も中にはいるかもしれませんね!!究極の存在に貢献したいです!みたいな!!

あるいは超貧困宇宙人が貧困に苦しむならボーグの方がマシ!!みたいな感じでボーグになるかもしれません。

でもボーグも自身に有益な宇宙人をサイボーグ化しているそうなので、その基準から落ちたらそれこそ惨めですね、、、でもそうなるとやっぱりボーグは究極の生命体ではないなと思ったり、、、、。

まぁこんな事を考えて絵を描いてます、、、これこそ僕らの生きる道、良い夢を、、、。



2017年5月7日日曜日

ゴールデンウィーク

待ちに待ったゴールデン・ウィーク!!さっそくサイクリングを楽しんできました。



まずは富士山が良く見える足柄峠へ

過去2回ほど行っているのですが、2回とも富士山が雲に隠れてしまい、、、今回バッチリ見える事を期待して出発。

新松田駅からスタート。この峠は後半から10パーセント台の登り坂が続くなかなかハードな道のりです。

ここはトレイルランニングの練習に最適なんですかね、、、毎回走っている人を多く見かけます。

そして私は固定ギア、、、トレイルランニングに抜かされるぐらいのゆっくりペースで登ります。

それでも後半はかなり参ってしまいました。なんとか登りきりましが、体がボロボロ。

そして富士山の見える場所まで行くと、、、



雄大な富士山を見る事が出来ました!!やっぱり迫力がありますね!!感動しました。頑張って登った甲斐あり!!

峠を降り、御殿場方面へ。



御殿場だとどこからでも富士山が眺められますね。なかなか絵になる1枚が撮影できました。

今度は長尾峠を登ります。

ここは初めて泊まりがけで自転車旅行に行った時に通った道で、その時の思い出がよみがえります。

改めて走ると気持ちのいい道のりですね。ゆるい斜度は疲れた体でも無理なく登る事が出来ました。



峠を越えれば富士山も見納め。箱根の方へ降ります。



本当は時間が許せば大観山の方まで行ってみようかなぁ、、なんて考えていたのですが、もちろんそんな時間の余裕はなく、ましてや途中でタイヤがパンクしてしまい、、、作戦変更し、いさぎよく帰路へ。

ただ、1号線は車で混雑しているだろうなと予測し、裏街道の足柄幹線林道を走ってみる事に。

箱根の一宮あたりから小田原まで一気に走れるナイスなコースです。



道は綺麗に舗装してありました。ところどころ道幅が狭くなったり、クネクネ道になったりします。

交通量もそこそこありますが、林道としては安心感があります。

しかし、とにかく小田原までの道のりが長い、、、、。

市内に入り、小田原城が見えた時は少し感動しました。「オレはモドッテキタゾーーー」



小田原駅で終了。


そして別の日は利根川サイクリングロードを走ってみる事に。

同じ風景が延々とつづく、けっこう過酷なサイクリングロードですが、たまに無性に走りたくなるんですよね。

今回は守谷から出発して佐原まで走りました。



気合いを入れて出発ダーーー!!と思ったら、



いきなりのダートコースに意気消沈。舗装路までしばらく走りました。

風は横風ですが、若干の追い風で快適に走ります。って事は帰りは、、、、あまり考えないように走ります。



ちなみに佐原までは片道で約60kmくらいあります。往復すれば120km!!雄大なサイクリングロードです。

風が強くても追い風だと楽ですね。

佐原の街に到着!!



情緒のある街並みは単調な景色の利根川サイクリングロードに癒しを与えてくれます、、、。



今回は時間がありませんでしたが、街には酒蔵なんかもあり物産品を見て廻るだけでも楽しそう。また別の機会にゆっくり観光するのもいいかなと思いました。

この後、サイクリングロードに出て、別の道で帰ろうかどうか地図を見て考えていたら、おじさんが話しかけてきて、「佐原に来たら「香取神宮」と「観福寺」を見なければ!!」と地元自慢??香取神宮は千葉県で一番大きい神社で、観福寺も関東厄除け三大師の一つなのだとか、、、。

まぁ言われただけでもあまりピンとこなっかたのですが、せっかくここまで自転車で来たんだし、地元の人が行った方がいいと言うんだから損はないだろうと思い、行ってみる事に。

まずは香取神宮へ

着いたら、確かにデカイ!!



観光バスも止まってました、、、。



明治神宮みたいです。



参拝客もたくさんいて、確かに有名な場所のようです。緑が気持ちいいですね。

続いて観福寺



こちらは香取神宮に比べれば質素ですが、とてもいい雰囲気の場所で、伊能忠敬の墓地もありました。

気がつくとなかなかいい時間。そろそろ帰らなければ!!

また利根川サイクリングロードを走り、取手まで走りました。



帰りは向かい風!!なかなかハードな道のり、、峠とはまた違うハードさがありますね、、。

ようやく取手駅についた頃には疲労困憊。日差しの強さと走った疲れで、コーラを飲んだら胸焼けを起こしてしまいました、、、利根川サイクリングロードを走ると、毎回何かしらの教訓を得ることができますね。

思いっきりサイクリングを堪能できて今回の旅も無事終了。







2017年4月29日土曜日

ディスク・メディアも一期一会 その33

最近ドイツのテクノポップグループ、クラフトワークばかり聞いています。
ちなみに「Kraftwerk」て「発電所」という意味なんですね、、、手工芸品かなんかを作る事だと思っていました、、。

前からクラフトワークはそこそこ聞いていたのですが、なぜか最近マイ・ブームになってしまい、今はアルバムを買い集めている所です。

ブームになったきっかけは色々あるのですが、そのひとつにyoutubeで見つけたRADIOACTIVITYのライブ映像。これががめちゃめちゃカッコイイなと思って何回も見てしまいました。



チェルノブイリ、ハリスバーグ、ヒロシマ、、、、と続いた後に放射能マークがバーーンと大画面に映されるのがカッコイイイイーーー!!

日本ライブバーションはフクシマが加えられ、日本語になっています。これもカッコイイです。



知らなかったのですが「ラジオ・アクティビティ」って「放射能」って意味なんですね、、、どうやらラジオとラジオ・アクティビティをかけているみたいです。


あと最近気に入った曲はTrans europe express!!



くりかえされるリズムと時々入る電車をイメージしたメタルな音が、どう聞いてもインダストリアル・テクノ・ノイズのようにしか聞こえないんですよね。テクノ・ノイズは未開拓の領域なので、この曲をきっかっけにちょこちょこ聞いて行こうかなと思いました。

これも知らなかったんですが、Trans europe express(TEE)って実際にあった電車なんですね。



意外とオシャレな電車で丸みがあってカワイイですね、、。


続いて、これは前から好きな曲なのですがTour De France!!この駆け抜けていくようなリズムは何度聞いても気持ちいいです。



ツールド・フランスは言わずと知れた有名なロードバイクの大会なので、自転車好きにはたまりませんが、それ以上に曲が良い!!

あと、初めてこれを聞いた時はクラフトワーク版ラップトップ&エレクトロニカような意味合いもあるのかなと思いました。

関係ないけどツールド・フランスの映像は自転車や服装の感じからしてランスとかパンターニが活躍していた90年代後半くらいですかね、、、自転車好きとしてはその辺も気になって仕方ありません。

ちなみにメンバーのラルフ・ヒュッターは自転車を愛好しているみたいです。


クラフトワークはブームはまだまだ続きます。

2017年4月23日日曜日

たかがデザイン、されどデザイン!

久しぶりに自転車をカスタムしました。

以前はよくカスタムしていたんですけど、最近は消耗品を交換するくらいになってしまいました。なので本当にカスタムっぽいカスタムは久しぶりな感じがします。

実は以前から街乗り号のクランクがデザイン的に気に入らないというか、なんか似合っていないなと思っていたんですよね。



ただ性能的には問題ないし、街乗り用バイクなのであまりお金をかけたくないなという都合がありました。

また、バイクショップに行けばシングル用のクランクが売っているのですが、ちょっとカッコよすぎるんですよね。

なんかママチャリな気分なのにスポーティなクランクというもなんか違うなと思っていて、チープなんだけどちょっと変わったデザインのクランク!そいうのがあったら交換したいなと常々考えていました。

そしたらね、発見してしまったんですよ、近所のアウトドア・バイクショップで程よくチープなクランクが!

値段も驚きの4,500円くらい!!安い!!

という訳で早速交換。

まぁ素人なので、ボトルキャップのネジ山がなめてしまって、あやうく交換不可能になるのではないかと焦りましたが、、、なんとか無事交換できました。





まぁ正直ほとんど変わらないんだけど、黒くてクラシカル風のデザインは前より断然にカッコよくなったと、、、思っています。

ギア比は42×18で2.33で以前より軽くなりました。



試しに乗ってみたら、やっぱりギア比が軽くなった分だけ漕ぎ出しが軽いですね。とても気持ちよく走りました。

パーツを変えるとやっぱりテンション上がりますね!!必要以上に色々な所を走ってしまいました。

たかがデザイン、されどデザイン!!

気にいったデザインの方が、やっぱり使っていて気持ちいいし、もっともっと乗りたい!!って思わしてくれます。





山桜!!

花粉症もひと段落し、ようやく山へ

今回は桜を見に行きました。



飯能駅から出発!!仁田山峠へ向かいます。



行く先々で桜がちょうど見頃!!

天気も快晴で気持ちいいですね!!

そして久しぶりに峠を登ります。

ゆっくりペダルを踏んで、ちょうど疲れたとろろで峠に到着。



峠から下り、満開の桜街道へ







峠を苦労して超えてからの満開の桜!!

もう最高にビューティフルでした!!本当に感動しました。

もうここに来れただけで、今日自転車に乗った甲斐あったなと思うくらい満足感がありました。

さて、ここからまた自転車を走らせ、山伏峠を越えて芦ヶ久保まで向かいます。



山伏峠はロードバイクの方がたくさん走っていました。天気がいいので絶好の自転車日和です。

峠を下って芦ヶ久保の道の駅で一休みし、あしがくぼ果樹公園村を通って県民の森へ

がが、久しぶりの峠、仁田山峠も山伏峠もそんなに難易度の高い峠ではありませんが、それでもかなりの疲労が溜まっていたんですね、、。

あしがくぼ果樹公園村でみごと撃沈しました。

道としてはそんなに長くないのですが、なかなかの激坂!!



わずか数メートルなのですが、押して歩きました。



山と花が綺麗です。

ここから県民の森へはそんなに激坂はありませんが、1度体力が尽きるとなかなか厳しい道のりになりますね。

カミさんはどんどん進んでいく中、私はノロノロと体をリカバリーしながら走ります、、、。



なんとか無事県民の森に到着!!

結構ハードな道のりでした。

そして大野峠の東屋でランチタイム



大野峠は車に自転車にハイカーに、沢山の人が行き交いしていました。

元気になった所で、もう後はゆっくり下るだけ。

せっかくなので奥武蔵グリーンラインを通って高山不動尊に寄ってみる事に。



山並みが綺麗ですね。

ゆっくり下るだけ、、、、と思っていたのですが、高山不動尊までは激下り坂!!



激坂は下るのも大変です、、、が、、、今度は階段を上がる!!マジかー!!!!



もうこの頃には太ももが悲鳴を上げていました。



高山不動尊は重厚な造りで、なかなか趣があります。

子の権現に高山不動尊に、この辺は激坂とお寺がセットになっていますね、、、、。

さらに下り吾野駅でゴール!!今回の旅も無事終了、、がが、、、この後3日間くらい筋肉痛になりました。

久しぶりの峠は、なかなか手強いですね。

2017年4月9日日曜日

何を描いてるの? その20

「何を描いてるの?」も20回目ですね。

記念すべき今回の絵をチェック・ワン・ツー

■小人が顔を引っ張って痛いという絵です。



これは見てのまんまですね。小人がいたずらする絵です。


■犯人は誰?という絵です。



お互いを疑いあっている絵です。元ネタはロシアの有名なデザイナー、シュテンベルク兄弟の「映画シェルターに潜む6人の少女」です。タイトルは多分映画のタイトルだと思いますが、どんな映画なんですかね?私はミステリー映画なんじゃないかと想像しました。



シュテンベルク兄弟のポスターはみんなカッコイイですね。


■これは、、、何て言えばいいんですかね、、、ぐにゃっとしている絵です。



なんかフランシス・ベーコンみたいな絵ですね、、、。


■「Body Electric」の「Magic Electronic」という曲を聞きまくって描いた絵です。



ボディ・エレクロニックというバンドにハマっているんですよね。CDは持っていないのでYOUTUBEで聞いているのですが、なんか頭に残るリズムです。そしてジャケットがカッコイイ。



こうやって並べるとジャケットの絵のマルパクですね、、、。

Body Electric - Magic Electronic (1984)




Body Electric - 5595 (1984)



デンマークのバンドみたいですね。主な曲はこの2曲くらいしかないみたいです。謎なバンドです。


■車が歪んでいる絵です。



私、何を隠そう歪んでいるものが大好きなんですよね。

だから車も歪んでみせました。これこそ僕らの生きる道、良い夢を、、、。