2018年1月7日日曜日

何を描いてるの? その27

気がついたらブログに上げていない絵がたまっていたので、一気に上げたいと思います。

実は最近柄になくインスタグラムを始めまして、、インスタ映えする写真をせっせとアップしているのです(ウソです)

実態はブログで上げてる写真が時間的に少し早く上がっているような程度なので、わざわざ見なくてもいいようなモノなのですが、合わせて見ていただけると幸いです。

https://www.instagram.com/heimenzu/?hl=ja


●お手軽な「理解」や「共感」は思考停止に結びつく、、その後 















前回の引き続きになりますが、最近訳が分からいものブームみたいなのが到来していまして、、、前にも書いたポールバーホベンの最新作「エル」から始まり、デビッド・リンチの「ツイン・ピークス」、そしてフィリップ・ドュエの「ローン・スローン」に出会い、今レーモン・ルセールの「ロクス・ソルス」を読み返した所です。

ちょっと前に「現代言語論(著:立川 健二,山田 広昭)」という本を読み、そこには人間は常に意味を求めてしまう「意味という病にとりつかれた存在である」というような事が書かれていて、そう言われると、何でも何となく意味を求めてしまうよな〜と思った分けです。

映画とか見てもこの「映画の意味は?」とか、仕事だって「この仕事意味あるの?」とかいう具合に何でも意味を求めてしまう自分が確かにいるなと思ったんですよね。

そして意味の分からない物とか理解できない物が出現すると立ち往生してしまうんですよね。でもそれでいいんじゃないか!!立ち止まっていいんじゃないか!!そんなふうに考えるようになりました。

まぁブームと言っても前から訳が分からんモノが大好きだったので、より好きになったってだけなんですけどね。


●街には壁があるのかもしれない



これは映画「ブレードランナー2049」を見て、そこに出てくる街は環境の変化で壁に覆われているんですよね。
前にも引用しましたが「パレスチナ・ガザ地区はなぜ「世界最大の監獄」になったのか?」というネットの記事と重なって、街ってなんかやっぱり壁があって、監獄みたいだよなと改めて思ったのです。


●デストピア映画のような絵



なんかデストピア映画みたいですよね。監視する機械があって、見つかると逮捕されて吸収されてしまう!大変だ!!!まさにそんな感じの絵です。


●これは何だけ??



何だかもう何を思って描いたのは忘れてしまいましたが、、、なんかボケーっとしていると脳みそ食われるぞ!!みたいな絵なのかな。


なんか最後締まりのない絵になってしまいましたが、これこそ僕らの生きる道、良い夢を、、、。

2018年1月4日木曜日

房総半島林道探検

新しい年になりましたね。

お正月休みを利用して、前から気になっていた房総半島の林道を自転車で探検してきました。

久里浜まで輪行し、フェリーに乗って房総半島へ。

そこから県道88号線を下って館山市に向かいます。

海沿いの道では富士山が綺麗に見えました。



途中佐久間ダムに寄りました。ここ、ショートカット程度に通った道だったのですが、水仙が綺麗咲いていて、思った以上にいい雰囲気でした。



県道88号線は下り基調で快適。程なくして館山市へ。

ここでランチタイム、正月でも営業していたラーメン屋に突撃。店内は混雑しておりましたが美味しくいただきました。

その後、林道に入っていきます。小松林道、南条林道、山倉林道を繋いで千倉まで走ります。



左側が林道の入り口。トトロが出てきそうです。

さらに進むと、欝蒼とした森の中に入っていきます。なんかただならぬ妖気を感じました。



途中古道の方へ歩いて登りましたが、とても欝蒼としていて迷いそうになります。不気味!!



一旦林道を抜け、水がボコボコしているダムを通り、、、



また林道へ。



しばらく走るとダート区間が出現!!



水たまりを超え、



落石注意の看板が落石で倒れてる横を走ります。



区間としては短いので、ちょうどいいスパイスとして楽しむ事が出来ました。

ダート区間を過ぎれは千倉の街へ出てきます。ここで一泊。



翌日、今度は千倉林道、畑林道を通り白浜までいきます。

千倉林道はもうジャングルの中を走っているような感じです。

一応舗装はされていますが、小枝や落ち葉が落ちているので慎重に走ります。



そしてトンネルが出現!!



中は真っ暗です。



そして竹藪の中を走ります。



この林道は走りがいがありますね。変化に富んでいて走っていて本当に楽しい道でした。写真では伝えられないくらいいい場所です。

いったん里山に出た後、今度は畑林道にまた入ります。

ここがまた今まで以上に妖気を感じる道で、しばらく進むとだんだん小枝や落ち葉でほぼ走行不可能な状態にり、、、



自転車を押しながらさらに進むと、異様な何かを感じ始めてきました、、、、それでも進むと、、、



魔界の入り口が出現!!



実はこのトンネル、ちょいちょいネットとかで見ていたので、一度行ってみたいと思っていたんです。

でもいざ来てみると、想像以上の迫力がありますね。これまでの林道と合わせて走ると、まるで秘境に来たかのように感じます。



トンネルを抜けると道は荒れ放題。



もはや木が倒れて通れない。



そこを抜けると、、



いっきに視界が明るくなり、海が見えてくれば白浜に到着。



という訳で、林道探検も終了。

最後に海鮮丼を食べて、またフェリーに乗って帰りました。

いやーー千葉の林道楽しいですね。

地図を見ると細かい道がまだまだあるみたいです。

また今度林道探検してみたいなと思い、今回の旅も無事終了。


2017年12月30日土曜日

ディスク・メディアも一期一会 その39

レコードプレイヤー買いました。



と言う訳で、早速レコードを買いあさっている訳です。

まずは以前も紹介したフランスの怪奇なエレクトリック・ロック・グループ「Vox Populi!」の激レアらしい音源を集めたというレコード。

●Vox Populi! / Magiques Creations



ソファに座ってダラダラ聴くと気持ちいい!!完全に脳内が停止するレコードです。



続いて、ジャケ買いしたレコード。

●Andreas Martin, Christoph Heemann / Lebenserinnerungen Eines Lepidopterologen



実はCDバージョンで持っているのですが、グラフィックがレコードの盤面に描かれいるのがカッコ良くて改めて買ってしまいました。しかし、これがレコードで聞くと音の厚み感が増して、よりよく聞こえるんですよね。



あと、Andreas Martinのギターがかっこいいんですよね。下の動画何十回も見てます。



そしていちばん初めの写真に写っているレコード。

●Un Drame Musical Instantané / Les Bons Contes Font Les Bons Amis



Un Drame Musical Instantanéは今回買いあさりましたね。

●Un Drame Musical Instantané / À Travail Égal Salaire Égal




●Un Drame Musical Instantané / L'Homme À La Caméra



あとはCDですが、下記も買いました。

●Un Drame Musical Instantané / Trop D'Adrénaline Nuit




●Un Drame Musical Instantané / Rideau!



これだけ買ったのですが、実はまだちゃんと聴いていないです、、。



でも上の動画を見ただけで、このバンドは間違いないと確信しました。

あと変わりダネという事で最近リリースされたレコード

●境石投げ踊り保存会 / 境石投げ踊り



エム・レコードからの引用。

日本全土に無数にある「盆踊り」、俚謡山脈 x エム・レコードが考えるその最深部且つ理想形のひとつがコレだ。ジャーマン・ロックを思わせる跳ねない太鼓と鉦のハンマー・ビート、圧倒的な音量で一斉に吹き鳴らされる笛、それらが徹底して反復するミニマル・ダンス・ミュージックの極地!そのあまりにもストイックで鋭角的な音像は、電気を使わずに奏でられる「農村のインダストリアル・ミュージック」「畑の中のリッチー・ホウティン」とでも呼びたくなる。これが埼玉県北部に今も残る「境石投げ踊り」だ。当地ではこの古い形を残す唄と踊りを観光化することなく、盆の営みとして現在に至るまで続けている。

という、かなりの変わりダネ。

まぁ確かにそう聞こうと思えばそう聞こえます。

もちろん伝統的な音楽をインダストリアルだのアバンギャルドだの言うのは少々オーバーですが、こいう伝統的な音楽を聞くきっかけを与えてくれたのが嬉しいですね。


まだまだ実は買ったものがあるのですが、またの機会に紹介するとして、やっぱりレコードってスペシャル感ありますね。
私は生まれた頃にちょうどCDが誕生し、そのままCDとともに過ごしたので、あまりレコードに親しみが無かったのですが、クリアな音のCDに比べてレコードは音に厚みがあるように感じました。そしてジャケットが大きい!!これだけでなんか豪華な感じがします。

それと同時に、新しいのから古いのまで、そして値段もビックリするぐらい安いのから、ビックリするぐらい高いのまで、様々なレコードが存在し、新たな迷宮に入りこんだ感じがしました。

2017年12月13日水曜日

秩父サイクリング

古本で買った雑誌「自転車人(No.037)」に秩父で良さそうなコースが紹介されていたので、そのまま行ってみる事に。

がが、、西武秩父駅に行くだけでなんと片道2時間半!!

西武新宿線沿線に住んでいるのですが、それが災いして微妙に急行が使いにくく、結局ほぼ各駅で行く羽目になってしまい、意外とアクセスに時間がかかってしまいました。

気をとりなおして!!西武秩父駅から皆野町まで行き、そこからさらに石間峠を目指します。



県道から林道へ。道が狭くなり、だんだんいい雰囲気になります。



なかなかの勾配を上がり、もうヘトヘトになった所で振り返ると、里山のいい景色が広がりテンションも上々!!



さらに登ります。一体どこまで行くんだ??

そして登りがキツイ!!!

歯を食いしばりながらペダルを踏み込み、いつの間にか山の反対側へ。そこは日陰のせいか積雪があり、用心しながら自転車を走らせます。このくらいの積雪なら走れるので、ちょっと楽しいです。



しかし林道がいくつも交差しているので結構道に迷いそうになります。奥武蔵の林道と似たような雰囲気がありますね。

でも風景は最高!!



そしてようやく石間峠に到着!!





この辺の林道は絶景つづきですね!!



とても素晴らしいです!!しかも色々な林道があるので何度でも来てみたくなりますね!!こんな場所があるなんて知りませんでした!すごいよ秩父。

そこから一気に降って県道を走ります。のどかな風景がつづいて道としてはとてもいいのですが、食事が取れそうなお店が一つもない!!

お腹がペコペコになりもう無心で走りました。そして藁にもすがる思いで見つけた道の駅の両神温泉薬師の湯でお食事処に突撃!!蕎麦に味噌ポテトに味噌ラーメンと餃子を注文!!夢中で食べてしまいました。

やっとお腹が満たされた所で現在地を確認!!そしら三峰口駅まで後わずかという所まで来ているではないか!!

程なくして駅に到着しましたが、もう電車が後5分で出発!!輪行する暇なんかないじゃん!!しかも次の電車が1時間後、、、もう終わったと思ったら、駅員さんが「自転車もそのまま乗れますよ!!早く乗車してください!!」との声が!!慌てて切符を購入し飛び乗りました。

初めてのサイクルトレイン!!なんて快適なんだ!!涙が出そうでした。



いやーーーもうすべての電車で自転車がそのまま乗れるようにならないかな、、、なんて淡い気持ちになりながら西武秩父駅に到着。

旅の締めはちちぶ餅!!



今回の旅も無事終了。